ようこそいらっしゃいましたユカチンです!
このブログでは家族の日常をメインに描いております。

link_to_profile



本日は不妊治療体験記の続きです。

男性不妊が原因で不妊治療を行い、最終的に顕微授精で娘を授かった私たち夫婦の「不妊治療体験記」第51話

▶直前の話はこちら


果たして私の卵子の残数は?「抗ミュラー管ホルモン検査」を実際に受けた話

前話まで数話に渡って「早期に不妊治療を受ける必要がある」という話を延々としました。
(大事な話だから読んでね!!)
▼ここら辺から


実際に体験して感じた思いを、同じく不妊治療を考えている皆様に伝えたい!

そんな気持ちで書いてみた訳なんですが、前話終わり方を見て父ちゃんが言いました。




01不妊治療51


なにゆーてんねん。
物語のラストのような書き方でしたが話はまだ続きますよ!

これからは顕微受精体験記になるはずです!!

さてさて、前話までで熱く語っていた卵子の残数を調べる検査「抗ミュラー管ホルモン検査」ですが、顕微鏡受精に進むにあたって私も検査することになりました。

検査と言っても採血するだけですが。

そして検査の結果を聞く日がやってまいりました。

最終局面の顕微授精をやるということ、
父ちゃんの精子がどうしても回復しなかったということ
そしてもうその時既に38歳であったこと。

色々なことからとてもナイーブになり緊張していたことを覚えています。

待合室で何時間も待って呼ばれた診察室。
そこで先生が検査結果を見ながらしばし沈黙。

そして先生は言いました。



02不妊治療51



「は???」

って当時思ったことを鮮明に覚えています。
カルテ見ればわかるやん・・・?

それをあえて聞くってどういうこと???

とりあえず動揺しながらも答えました。

03不妊治療51
一応素直に答えてみた瞬間先生が

「えええ!!!」

って大きな声で驚いたんです。

その時あまりの不安に体が震えたのを覚えています。



次の話はこちら



▶ブログが更新されたらリアルタイムでお知らせ!



▶こんなお話もいかがですか?


【不妊治療体験記30】男性不妊手術に付き添わなかった妻に父ちゃん激怒!二人でする不妊治療のはずなのに・・・


【不妊治療体験記12】まるで人としての尊厳を踏みにじられるよう~男性不妊検査での男の気持ち


【不妊治療体験記6】不妊治療専門医院は女の園!男から見た恐怖の婦人科


【不妊治療体験記24】不妊原因の50%は男性側。年齢が影響するのは女性だけじゃない!
 

twitterアイコン100