ヒマワリ4歳6ヶ月の頃のお話です。
本日は「不妊治療体験記」ではなく日常ネタです。

子連れ一般参賀体験記 続き

令和元年5月4日の皇居一般参賀に子連れで行って参りました!

前の話▶子連れ一般参賀で人の優しさに触れた話1

平成から令和へと時代の境目、世紀のイベント「一般参賀」に子連れで行ってきた話の続きです。
当日は猛暑。炎天下の中3時間半立ちっぱなしで並んできたわけですが、やはり4歳の娘が限界に近づいてきました。
一般参賀1-2_480

        4歳児を連れて無謀だったか・・・とあきらめかけたその時・・・
(ここまでが前回の話)

続きをどうぞ






一般参賀2-1_480
一般参賀2-2_480

強面だけど超優しかったお兄さんありがとう!

日傘と扇子を貸してくださったお兄さんは、強面だけど心優しきイケメンなお兄さんでした。
ここでは坊主になっていますが、本当は角刈りで筋肉ガッチリなお兄さんでしたよ。

「どうぞ」「いいえ」「大丈夫なんで」

くらいしか話さない寡黙な方でしたが、娘の「ありがとー!!」に恥ずかしそうに微笑んでいました。

でもやっぱり暑いのはみな同じで汗をだらだら流して耐えているのが分かったので、一度傘を返したんです。そしたら「やっぱりどうぞ」ってもう一度日傘を貸してくださって、「ついでにこれもよかったら」って扇子まで差し出してくださって。。。
普通なら断るところですが、娘のことを考えてありがたくお借りしました。

この日記を見ているとは思えませんが、この場を借りてお礼を。
あなたのおかげで歴史的体験を娘にさせてやることができました!!!
本当にありがとうございました!!!!

配布終了で諦めていた国旗をくれた外国人親子


当日配布されていた日本国旗ですが、10万枚用意したものがあっという間になくなったそうで。
現地に到着した際はもう配布が終了していたので、残念だなーなんて諦めていたんです。

そしたら偶然近くにいたイスラエル人のドローンさん親子が話しかけてきて、娘に国旗をくれました。娘は本当に嬉しそうで、覚えた「サンキュー」を連発していました。

陽気で優しく素敵な親子さんでした。
なんでも日本に旅行に来ていて、京都や岐阜をまわり、偶然この日東京へ来たらしいんです。
お二人の良い思い出になったことでしょう(⌒∇⌒)

そうして子連れで参加した一般参賀は大満足な体験として終了いたしました。
娘は終始ご機嫌。その後疲れたとは一言も言わず
「今日は楽しい事いっぱいだった!」
と嬉しそうに言っていたので親としても満足でした。

とはいえ娘(18㎏)をほぼずっと抱っこしっぱなしだった父ちゃん。
傍から見ても大変そうだったので、「大丈夫?」と聞いたら


一般参賀4_480
との返事が返ってきました。
なんか無駄にキラキラしていました。。。

とりあえずよかったよかった。

これで一般参賀に子連れ参加した話はおしまいです。
みてくださってありがとうございます!