ヒマワリ4歳5ヶ月の頃のお話です。
本日は「不妊治療体験記」ではなく日常ネタです。

自分がどんなに愛されているか知ってほしい。
自己肯定感を養ってほしい。
そんな気持ちから我が家では、毎日娘に「お父さんとお母さんの宝物はヒマワリだよ」と伝えるようにしています。

関連記事一覧(リンクは公開後につながります。)
4歳児の自己肯定感ハンパねぇ1
4歳児の自己肯定感ハンパねぇ2
4歳児の自己肯定感ハンパねぇ3
自己肯定感1_480

愛されているという自信が自己肯定感につながる

愛されているという自信が自己肯定感につながる。
これってたぶん本当だと思うんです。

私が育った家庭は「愛してる」とか「好き」とか「幸せ」とかそいういったことをあえて口にはしない、純日本的な家庭でした。

でも、父ちゃんの日本人離れしたフランクな愛情表現からか、我が家では日々そういった言葉が飛び交っています。愛情はできるだけ口に出して伝えるが我が家のモットー!!
(参考記事:「愛情の表現方法がいきすぎている父」)

家庭ごとでいろんな主義があると思いますが、うちはそんな

欧米か!?!?

という方法で今後娘を育てていく予定です。

こんなことを続けていたある日、娘の自己肯定感が進化しました。

続きます。

次の話はこちら
 (リンクは次話更新後につながります。)

関連記事一覧
4歳児の自己肯定感ハンパねぇ1
4歳児の自己肯定感ハンパねぇ2
4歳児の自己肯定感ハンパねぇ3
(リンクは公開後につながります。)