男性不妊が原因で不妊治療を行い、最終的に顕微授精で娘を授かった私たち夫婦の「不妊治療体験記」第12話

「男性不妊検査を受ける男性の気持ちも書いてほしい!」
そんな父ちゃんのリクエストから綴る「激白!精液検査を受けた男達~そ心情を語る」シリーズ第3
話。なんかすごい恥ずかしいらしいんです・・・

▶直前の話はこちら

男性不妊検査で採取したモノを提出するときの恥辱は想像以上

前回は検査容器を渡す看護師が若い女性の場合の心情についてお伝えしましたが、今までは検査前の検査容器を受け取るときの心情でした。
それでは実際に採取したモノを提出するときの男性の恥ずかしさとは・・・?
女性にはわからない男の心の中シリーズ第3話
不妊治療12_480
不妊治療12-2_480



女性よりも男性の方がデリケートかも

父ちゃんの「例え」の是非は置いておいて、男性はとっても繊細で臆病で弱いようです。
女性の心無い一言で「機能しなくなった」という男性の話もよく聞きます。
女性にはなかなか理解しがたいですが、男性不妊検査を受ける男性は、思った以上にびくついているのをご理解いただけると幸いです。

「女性だけ不妊治療に通い、夫は他人事。」

そんな話も(ネットなんか見ていると)よく見ますが、そういった夫はもしかすると「恥ずかしさ」が抑えきれないほどなのかもしれません。
そして、検査の結果もし男性不妊だったら・・・

「お前は「男」じゃない」

って言われるようなもの。
そんなことを考えたら夜も眠れないと・・・

続きます。

次の話はこちら